2019.12.05

RENAULT PRESSE #94 NEW ARRIVAL:ルノーの伝統にしてトゥインゴの人気モデル キャンバストップが新型トゥインゴでついに登場


  • Renault Presse #094, DECEMBER 2019 Words by Kenichiro Uda
  • ルノーの伝統にしてトゥインゴの人気モデル
    キャンバストップが新型トゥインゴでついに登場

  • 日光浴が大好きなフランスの人々にぴったりのキャンバストップは、
  • トゥインゴにも初代以來、伝統的に設定されてきたモデルです。
  •  ルノーファンの皆さん、ボンジュール!いよいよクリスマスの足音が聞こえてきました。今回はルノー トゥインゴに新たに追加された「キャンバストップ」をご紹介します。

     トゥインゴのキャンバストップはボタンひとつで開閉できる電動式で、長さ71cm×幅68cmという後席まで楽しめる大開口オープンエアが特徴です。前モデルトゥインゴの國內販売では、最も人気だった時期でトゥインゴ全體の約20%、平均しても15?16%をキャンバストップが占めました*1。この比率はヨーロッパと比べても高く、トゥインゴ キャンバストップは日本でとても好評をいただいてきたクルマといえます。

     日本より緯度が高いヨーロッパでは、冬はとても日が短くなるので、太陽の光を楽しめる季節や時間をとても大切にします。春から夏の晴れた日のパリの公園や広場では、日光浴をするパリっ子であふれます。

     なので、いつでも気軽に太陽や風を楽しめるキャンバストップはとてもフランス的、ヨーロッパ的なクルマなんです。ルノーの礎を築いた1960年代「4=キャトル」ではキャンバストップが主流でしたし、トゥインゴでも初代から伝統的にキャンバストップが設定されてきました。

     フランスでは夏こそキャンバストップやオープンカーの最盛期ですが、日本に來て私が思ったのは、日本の太平洋側では、日差しも強くなく、カラッとした晴天が多い冬こそオープンドライブに最適ということです。しかも、これからのクリスマス時期なら、イルミネーションを見上げるナイトオープンドライブも楽しいですね。


  • キャンバストップは防水素材。
    晴れた日にはワンタッチでルーフを開閉させて、開放的なドライブを楽しんでほしい。


  •  トゥインゴ EDCの1,986,000円に対し、トゥインゴ EDC?キャンバストップの価格は、2,106,000円となります。家族や仲間と楽しむオープンエアドライブの価値はプライスレス。そんな魅力を、ぜひお近くのルノー ディーラーに足を運んで確かめてみてください。




*1 社內資料(マイナーチェンジ前トゥインゴの年度別登録実績ベース)參照。

※掲載情報は2019年12月時點のものです。

Renault TWINGO / ルノー トゥインゴ

Renault Japon OFFICIAL SNS

成年片黄网站色大全免费