2019.12.06

RENAULT PRESSE #94 Column:私のフランス歳時記 VOL.4 HIVER クリスマス No?l


  • Renault Presse #094, DECEMBER 2019
    Words by Mari Matsubara
    Photos by Mana Kikuta
    Illustration by Toshiyuki Hirano
  • 私のフランス歳時記 VOL.4 HIVER
    クリスマス No?l

  • 普段はミサに行かぬ人も、老いも若きも、豊かな人も慎ましく暮らす人も、それぞれにとって大切なノエル。
  • 街のイルミネーションも、デパートのウィンドウディスプレイもイブのご馳走も、
  • 古いものと新しいものが調和して街がつくられていく。それがパリの良さなのでしょう。
  •  11月上旬にもなると、早くもノエル(クリスマス)の雰囲気が街のあちこちに感じられるようになるパリ。まず口火を切るのがデパートのショーウィンドウでしょう。パリの3大デパート、「ギャラリー?ラファイエット」「ル?ボンマルシェ」「プランタン」のウィンドウは1年以上も前からアイデアが練られ、毎年相當凝った演出のスペクタクルを競います。ファンタジーだったり、ロックテイストだったり、子どもたちが喜べるような仕掛けが多いのですが、その世界観や出來栄えには大人でもうっとり。日が落ちる頃、ウィンドウの前には見物客が大勢押し寄せています。


  • 子どもも大人も見とれるウィンドウ。
    機械仕掛けの人形が音楽と光に合わせて踴る、夢のストーリー。買い物帰りに急ぐ足も
    つい止まって見入ってしまう。子どもがよく見えるように、踏み臺が置かれているところもある。


  •  街路樹のイルミネーションではシャンゼリゼ通りがやはり有名です。毎年盛大に點燈式が行われ、昨年は惜しくも今年2月に亡くなったカール?ラガーフェルドがカウントダウンとともに點燈ボタンを押しました。今年は11月20日、是枝裕和監督がフランスで撮影した最新作『真実』に出演する女優、リュディヴィーヌ?サニエが登場します。このイルミネーション、長らく白や青い光でしたが、昨年、史上初めて赤い光が燈り、今年も赤色で継続だそうです。ほかに寶飾品店やホテル?リッツが立ち並ぶヴァンドーム広場、マドレーヌ広場から伸びるロワイヤル通りの脇に入った「ヴィラージュ?ロワイヤル」のイルミネーションは、とても大人っぽく、シックで見とれてしまいます。


  • 味わい深い商店街のイルミネーション。
    有名な大通りのみならず、ちょっとした小道や商店街にもイルミネーションが見られるパリ。
    これがなんとも可愛らしくて味わい深い。ボンマルシェ近くのサン?プラシド通りで。


  •  街の普通の花屋の店先にモミの木が並ぶ光景も、この時期ならではの風物詩ですね。場所をとるのでネットがかけられていますが、お店の人に頼めば外してくれて、枝ぶりや大きさを見て買えます。モミの木にも3種類ぐらいあり、最近はあまり枝が広がらず縦に細長いタイプや、香りがいいタイプ、葉っぱがあまり落ちないタイプが人気だとか。


  • サンジェルマン?デプレに近い花屋の店先にはモミの木やリースの材料がいっぱい。


  •  新しいカルチャーが生まれるパリでも、クリスマスは伝統を大切にして、変わらず家族とともに家で過ごすのが定番。夜のご馳走は牡蠣、フォアグラ、シャンパンで決まりです。どんな庶民的なスーパーに行っても、この3つは売っています。牡蠣は、鮮魚店はもちろん、カフェの店先で木箱に入って売られているのをよく見かけます。數が多ければ、あらかじめ魚屋さんに殻を開けるのを頼んでおくこともできます。フォアグラは、時間に余裕のある人は肉屋で生の鴨のフォアグラを買ってきて自家製を作ってしまいます。筋を丁寧にとって型に入れ、湯煎にしてオーブンで火を入れるのですが、味付けに塩とアルコールをふります。その際ポルト酒やコニャックなどを入れるのが伝統ですが、意外にも日本酒もいい風味がついてオススメです。

     寒気の中、街が1年中で一番キラキラと輝くノエルの季節。でも25日が過ぎれば、1月のセール時期を迎えるまで、街は急に閑散として、年末年始のカウントダウンだけは別にしても、意外に素っ気なく地味に過ぎていくのです。


  • クリスマスマーケットのブースで売られていたかわいい土産品。
    素樸な枝でできたサンタクロース。


  • ケーキはブッシュ?ド?ノエルが定番。
    切り株型のケーキ「ブッシュ?ド?ノエル」はクリスマスの定番。毎年有名パティスリーが
    趣向を変えて味や見た目を競う。最近ではシンプルで抽象的なデザインが好まれる。




  • 松原 麻理 Mari Matsubara
    9年間のパリ生活を経て、現在は東京で雑誌を中心に編集?執筆活動中。パリ在住中に取材?執筆した連載をまとめた『&Paris パリの街を、暮らすように旅する。』(マガジンハウス刊)発売中。 Instagram @marianne_33


※掲載情報は2019年12月時點のものです。

Renault Japon OFFICIAL SNS

成年片黄网站色大全免费